2017年11月19日(日)

愛知県、刈谷市で自動運転実験 運転席は無人で走行

2017/10/3 21:15
保存
共有
印刷
その他

 愛知県は3日、刈谷市の複合施設「刈谷ハイウェイオアシス」で自動運転の実証実験を実施した。運転席は無人で自動車を走行させる「レベル4」に相当する自動運転で、施設内にある約500メートルのコースを走った。愛知県の大村秀章知事も訪れ、実験車に試乗した。

 実験では運転席に人がいない車が3次元地図やカメラやセンサーなどの情報をもとに時速20~30キロメートルで自動走行した。カメラなどで運転席と同じ環境を再現し、トラブルが起きた場合に遠隔操作できるシステムも取り入れた。

 試乗した大村知事は「スムーズな乗り心地だった。遠隔操作で安全が確保されるなら決まったルートを走る用途で普及するのでは」と話した。

 実験は測量ソフトを手掛けるアイサンテクノロジーが事業者となり、実施した。自動運転のソフトウエアを開発するティアフォー(名古屋市)も協力した。年度内には公道でも同様の「レベル4」の実験を行う予定だ。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報