/

河村市長、希望公認で2人擁立 愛知1、3区

減税日本からは愛知1区の佐藤夕子・名古屋市議とともに、同3区の余語冴耶香・同市議が希望の党から公認された。減税日本の代表、河村たかし市長は3日、市役所で記者会見し、「女性2人で小池(百合子東京都)知事は喜んでいると思う」と話した。

希望の党の公認を得た佐藤市議(左)、余語市議(右)と共に記者会見する名古屋市の河村たかし市長(3日、名古屋市役所)

河村氏は当初、自身の出馬に意欲を示していたが、市長の後継者選びに難航したことなどから断念。一方で衆院議員時代に地盤とした1区などでの候補者擁立を希望側に働きかけていた。

会見に同席した佐藤氏は「1区から国会に行き、名古屋のいい政治を広げたい」と語った。余語氏は「納税者や子供が希望の持てる社会にしたい」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン