/

過半数が立憲民主党へ 北海道の民進系候補

民進党から衆院選に出馬予定だった北海道1区の新人道下大樹氏(41)と同11区の新人石川香織氏(33)は3日、立憲民主党から立候補する意向を表明した。北海道では3区の前職荒井聡氏(71)や6区の前職佐々木隆博氏(68)らも立憲民主党に公認申請する方針で、道内の民進系候補11人のうち過半数が立憲民主党から出馬する見通しとなった。

道下氏は、政界引退した横路孝弘元衆院議長(76)の後継者。札幌市内で「改憲を目指す希望の党とは相いれない。民進党の基本理念や綱領に基づいて活動したい」と話した。

石川氏は、政治資金規正法違反で有罪判決が確定し、10月下旬まで公民権停止中の石川知裕元衆院議員(44)の妻。帯広市内で記者会見し、政策的に立憲民主党に近いとして「入党する」と表明した。

かつて「民主党王国」と呼ばれた北海道では、4区の元職本多平直氏(52)らも立憲民主党からの出馬を目指している。8区の前職逢坂誠二氏(58)は、立憲民主党に入党した上で、無所属で出馬する意向だ。

一方、2区の前職松木謙公氏(58)と9区の元職山岡達丸氏(38)は希望の党から公認された。

(共同)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン