/

JAL、金融事業に参入 SBIHDと共同持ち株会社

日本航空(JAL)とSBIホールディングスは3日、金融とIT(情報技術)を融合したフィンテック事業で協業すると発表した。共同持ち株会社と事業会社を設立し、2018年度から国際ブランドを搭載したプリペイドカードの発行を始める。今後はお金のデザイン(東京・港)などSBIグループが出資するフィンテック企業との連携も検討する。

持ち株会社のJALSBIフィンテック(東京・品川)と、事業会社のJALペイメント・ポート(同)を9月に共同で設立した。両社ともJALが5割超を出資し、同社の連結子会社とする。JALが新たな連結子会社に出資するのは、経営破綻以来初という。

協業の第1弾として、事前に入金しておくと加盟店でキャッシュレスで買い物ができるカードを18年度に発行する。利用額に応じてJALの会員制サービス「JALマイレージバンク」のマイルもたまる。海外の買い物に利用したり、現地のATMから現金を引き出したりすることができるため、海外旅行者のニーズを期待する。

JALの植木義晴社長は「今後も業種にこだわらず、強みをいかせる新規事業に力を入れていきたい」としている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン