/

埼玉りそな銀、米地銀と提携

埼玉りそな銀行は3日、米カリフォルニア州の地銀、バンク・オブ・ザ・ウエストと業務提携したと発表した。埼玉りそな銀の取引先で米国に進出した企業や進出を検討する企業が、同地銀の融資や決済などの金融サービスを受けやすくなる。

埼玉りそな銀が北米の銀行と提携するのは初めて。埼玉りそな銀が米国に進出した企業に対して同地銀の口座開設を仲介したり、融資を受ける際の企業の保証を担ったりする。企業の現地での資金調達を支援することで、販売拠点や生産拠点としての米国進出を後押しする。

同地銀は米23州に540店以上を構える中堅銀行。ニューヨークやシカゴ、ロサンゼルスなど全米6カ所に日本企業向けの窓口「ジャパンデスク」を設けるなど日系企業と多くの取引実績がある。2016年5月にはりそな銀行とも業務提携を結んでいる。

りそなグループはこれまで中国、韓国や東南アジアを中心に海外ネットワークを広げてきた。バンク・オブ・ザ・ウエストとの提携を弾みに北米地域での日系企業の支援も強化する考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン