2017年12月18日(月)

求む!40~60代の戦力人材 マイナビが中高年向け求人サイト

サービス・食品
2017/10/3 18:22
保存
共有
印刷
その他

 就職情報大手のマイナビの子会社であるマイナビミドルシニア(東京・新宿)は3日、40~60代向けの求人情報サイトを立ち上げた。短時間から働ける企業や、介護休暇が充実している企業などを紹介する。深刻な人手不足が続くなか、仕事のスキルや経験が豊富な中高年層を戦力として採用したい企業は多い。40~60代の転職や再就職の支援に力を入れていく。

 新たに開設したサイト「マイナビミドルシニア」は勤務地や職種などの条件から求人を検索できる。新卒求人サイトと違うのは、「週1日から働く」「介護休暇あり」など、60代以上の求職者が注目している条件などから仕事を探せる点だ。

 ある企業のタクシードライバーの募集をみると、「人生の後半戦。『お金』と『時間』でつくる、新しい生活!」との文字が並ぶ。「70代でも採用!」「定年後も無理なく続けられる」など、60代以上でも働きやすい環境をアピールする企業も目立つ。

 これまで転職求人サイトでは、募集する人材の年齢をはっきりと明記していないケースもあり、「未経験歓迎と書いてあっても60代だと採用されないのではと不安に感じる求職者も多かった」(マイナビ)。マイナビミドルシニアでは年齢と性別、アピールポイントを登録するだけで、自分が採用対象になるかどうかを企業に気軽に確認できる機能を付けた。

 シニア層だけでなく、40代前半のミドル層を積極的に採用する動きは活発になっている。40代前半は2000年代初頭の就職氷河期に入社したため、もともと社員の数が少ない企業も多いようだ。労働政策研究・研修機構の調査によると、20年の労働力人口は6310万人と00年に比べて約450万人減少する。新卒学生だけでなく、中高年の採用を支援するサービスが盛り上がりをみせそうだ。(潟山美穂)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報