2018年1月19日(金)

吉野電化工業、炭素繊維強化プラをメッキ加工
風力発電機や航空機の落雷破損防ぐ

2017/10/4 7:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 メッキ加工の吉野電化工業(埼玉県越谷市)は、産業技術総合研究所(産総研)と連携して炭素繊維強化プラスチック(CFRP)にメッキ加工する技術を開発した。落雷による破損を防ぐ効果があり、風力発電機や航空機の軽量化につながる。まず2020年までにドローン(小型無人機)向けの量産をめざす。

 CFRPは炭素繊維と樹脂を複合した素材。高い強度がありながら金属より軽いため自動車や航空機などで実用化が進んでいる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報