大麦菓子で成長、耕作放棄地も活用 大麦工房ロア

2017/10/4 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

栃木の名物菓子として、観光地の土産物店や通信販売でも人気の「大麦ダクワーズ」。生産するのは「大麦菓子の先駆け」を自負する大麦工房ロア(栃木県足利市)だ。当初は足利市内で小さなケーキ店「ロア」を営む会社だったが、大麦ダクワーズ開発を機に20年で年間売上高が約18倍の50億円を超える企業に成長した。

前身「エイ・エム・シー・ロア」の創業は1986年。地元栃木県は日本一の二条大麦の産地だ。「足利を代表…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]