異なる英語民間試験の結果、合否判断に使えず
「4技能」必要なら新テスト開発を

2017/10/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 大学入試改革で英語の4技能(聞く・話す・読む・書く)を測るために民間試験の利用が検討されているが、名古屋大学の野口裕之名誉教授は、異なる試験の結果を比べても合否の判断資料には使えないと指摘する。

 文部科学省が進める高大接続改革で最も注目されるのは現行の「大学入試センター試験」に代わる「大学入学共通テスト」である。中でも、英語試験の改革は大きな議論を呼んでいる。テスト理論、特に等化の問題を研究して…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ速報トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 23:00
23日 22:30
東北 0:00
23日 23:00
関東 0:00
0:00
東京 23日 23:00
23日 23:00
信越 0:01
0:00
東海 23日 23:00
23日 23:00
北陸 1:30
1:20
関西 23日 22:00
23日 21:30
中国 22日 21:57
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
23日 22:05
23日 21:46

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報