住民投票圧勝、クルド独立派が抱える「不都合な真実」
イスタンブール支局 佐野彰洋

2017/10/5 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「ここでは富が一部の連中に偏っている。今のままでは民主的な独立国家などつくれない」

9月25日夜、イラク北部クルド人自治区の中心都市アルビルの広場。イラクからの独立を問う住民投票の実施を祝うクラクションや打ち上げ花火の音がけたたましく響くなか、タクシー運転手のアフマド・ラシードさん(仮名、40)は大勢にあらがい反対票を投じたと打ち明けた。

部族主義、統治機構は不全

選管発表によると92.7%の圧…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]