ノーベル物理学賞発表へ 「重力波」が有力

2017/10/3 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2017年のノーベル物理学賞の受賞者が3日夕に決まる。最有力とされるのが、16年2月に米国の研究グループが発表した「重力波の観測」。成果が出て間もないが、多くの専門家がスピード受賞を予想する。ノーベル賞は受賞までに数十年かかることが多い。前評判の高さは、学問的な意義がひときわ卓越していることを物語っている。

物理学賞は物質の性質を扱う物性物理学の分野と素粒子や宇宙などの分野がほぼ交互に選ばれてい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]