/

東芝、米電力に340億円支払い 原発債務保証で

【ニューヨーク=共同】東芝系で経営破綻した米原発大手ウエスチングハウス(WH)に原発2基を発注していた米電力会社サザン・カンパニーは2日、WHの親会社だった東芝から債務保証額の一部として3億ドル(約340億円)の支払いを受けたと発表した。

東芝は今年6月、WHの破綻を受けて債務保証の契約を履行するため、サザンに36億8千万ドルを分割して支払うことで合意した。今回の3億ドルが最初の支払い。

サザンがWHに発注していたのは、米南部ジョージア州のボーグル原発3、4号機。サザンは8月、2基の建設計画を継続すると発表していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン