2017年12月12日(火)

不正車検で収賄疑い 大阪の自動車整備会社 11年から2600台か

2017/10/2 23:00
保存
共有
印刷
その他

 不正に車検を通す見返りに現金を受け取ったとして、大阪府警交通捜査課などは2日までに、自動車整備会社「空港自動車工業」(大阪府池田市)の実質的経営者の男(46)と自動車検査員ら3人を加重収賄容疑で書類送検した。同課によると、いずれも容疑を認めている。

 同課によると、同社は国の車検業務を代行しており、検査員は公務員に準じる「みなし公務員」とされる。同課はまた、兵庫県伊丹市の中古自動車販売業の男(49)らを贈賄の疑いで書類送検した。

 経営者ら3人の送検容疑は今年3~5月、不正に改造した車など11台について、適正な点検や整備を行わないまま検査に合格したとの虚偽の保安基準適合証を作成し、見返りに計約21万円を受け取った疑い。2011年ごろから約2600台の車検を不正に通し、約5150万円の報酬を得ていたと供述しているという。

 同課によると、1台当たり約2万円で受け付け、タイヤやマフラーを不正に改造した車両を車検に通していた。口コミで情報が広まり、大阪や兵庫などの不正改造車両のオーナーから業者を通じて依頼が相次いでいたという。

 今年1月、近畿運輸局が、不審な車検証があると府警に情報提供していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

車検不正車検収賄疑い



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報