景況感の改善続く 非製造業・中小にも明るさ

2017/10/2 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 企業の景況感の改善が続いている。日銀が2日発表した9月の全国企業短期経済観測調査(短観)によると、全規模全産業の業況判断指数(DI)は26年ぶりの高水準となった。大企業製造業だけでなく、非製造業、中小などに回復の裾野は広がっている。ほぼ死角は見当たらないが、持続のカギとなるのは人手不足への対応。省力化など前向きな投資が焦点だ。

 企業の景況感を示す業況判断DIは、幅広い規模・業種でよい結果がそろっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 2:00
2:00
信越 1:00
1:00
東海 2:00
2:00
北陸 2:00
1:30
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
2:00
1:59

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報