/

名古屋初の「プリンスホテル」開業 富裕層狙う

プリンスホテルは2日、名古屋駅南側の再開発地区「ささしまライブ24」(名古屋市中村区)で「名古屋プリンスホテルスカイタワー」を開業した。複合施設「グローバルゲート」の31~36階に入居し、計170室を設けた。同社の名古屋進出は初めて。

1泊10万円以上の部屋を市内最多となる19室用意した。最低料金も3万8千円に設定し、企業役員や訪日客の高所得者層を取り込む。同日の開業式典後、赤坂茂好社長は報道陣に「東京、大阪の東西をつなぐ営業地点として重要。出張者やレジャー目的の利用者の増加が見込める」と話した。

部屋からは名駅周辺から栄地区にかけての夜景が楽しめる。宿泊者専用のラウンジやフィットネスルーム、パソコンやコピー機などを24時間使える部屋も備えた。

グローバルゲートの商業施設や国際協力機構(JICA)中部の改装施設も同日、内覧会を開いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません