/

鈴与商事と納得住宅工房 ZEH事業を共同展開

12月、掛川にモデルハウス

鈴与商事は2日、注文住宅を手がける納得住宅工房(富士市)と、住宅のエネルギー収支を実質ゼロにするゼロエネルギー住宅(ZEH)事業を共同展開すると発表した。まず12月、掛川市にモデルハウスを開設する。地場の工務店との連携を深めて、自社の太陽光パネルやLPガスの契約増加にもつなげる。

国は2020年までに新築戸建ての半数をZEHとする方針を掲げ、住宅大手が先行している。鈴与商事は法人向けの省エネルギー提案などで蓄積した断熱計算のノウハウを活用。太陽光パネルや給湯器、エアコン、家庭用エネルギー管理システム(HEMS)の商材と合わせて提供する。

掛川市のモデルハウスは2階建てで、納得住宅工房の掛川店として位置付ける。納得住宅工房は住宅購入検討者へのPRに、鈴与商事は今後提携する工務店への説明の場として利用する。1~2年後をめどに、一般客へ土地付きの戸建て住宅としてそのまま販売する。

鈴与商事は住宅向け太陽光パネルで一定の県内シェアを持つ。今後は山梨、長野、愛知県などで連携する工務店を探し、他の商材を含めた取引を強化する。納得住宅工房は17年度中に販売数の2割をZEHとする目標を掲げている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン