/

アンファー、「リアップ」後発医薬の発毛剤

化粧品や健康食品を手掛けるアンファー(東京・千代田)は2日、医薬品成分を配合した発毛剤を4日に発売すると発表した。発毛効果が認められている成分「ミノキシジル」を配合。大正製薬の「リアップ」の後発医薬品で、発毛剤の使用率が低い30代の男性を中心ターゲットとして売り込む。2020年までに90億円の売り上げを目指す。

新商品の発毛剤「メディカルミノキ5」にはミノキシジルを5%配合した。発毛を促すほか、抜け毛の進行を予防する効果が見込めるという。60ミリリットル入りで価格は7800円。ネット通販やドラッグストア「マツモトキヨシ」で販売する。

発毛剤の分野では大正製薬が手掛けるミノキシジルを配合したリアップがあるが、発毛剤は育毛剤に顧客を奪われて市場が伸び悩んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン