保育園の業務効率化へ 経産省など統一基準作る

2017/10/2 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省など4府省は合同で、ICT(情報通信技術)を活用して保育所の業務負担を軽くする環境整備に乗り出す。補助金を申請するために必要な行政手続きの電子化を促すため、2018年度にも提出する情報の統一基準をつくる。今後は子どもの体温チェックや登園管理などにもICT技術を活用し、業務の生産性を高める。

経産省と厚生労働省、内閣府、総務省が連携して取り組む。年内から都内や神奈川県などの保育所と自治体…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]