秋田オーパ、10月28日開業 東北初出店が7店舗

2017/10/3 7:00
保存
共有
印刷
その他

イオンモール子会社でファッションビル開発・運営のOPA(オーパ、千葉市)はJR秋田駅前の「秋田オーパ」を28日に開業する。東北初出店の7店舗を含む約60店舗を展開。秋田県内の広いエリアから年間350万人の来館を見込む。

2月に閉館した築43年の旧「秋田フォーラス」を、オーパとして初めて骨格を残して内外装を一新する青木茂建築工房の「リファイニング建築」手法で改装した。地上8階建てで延べ床面積は約2万平方メートル。県産木材を多用したほか建物の1~4階部分に吹き抜けを設け、過ごしやすい空間作りに配慮した。

東北初出店は女性に人気の衣料ブランド「ジェラートピケ」などをセレクトした「USAGI ONLINE STORE]や、オーダースーツ専門店「オーナーズガーメント」など。ナムコが運営する0~12歳向け屋内遊戯施設「あそびパーク」など北東北初も13店舗ある。フォーラスで人気だった「ジュンク堂書店」や「タワーレコード」は再出店する。

オーパの奥田晴彦社長は「秋田にミニ東京を作るのではなく、トレンドを発信しつつ地元と融合して駅前活性化に貢献したい」と述べた。フォーラスの中心客層だった20~34歳の女性に加えて、飲食や雑貨を充実させることで35歳以上の女性や男性の集客につなげる。

オーパは現在、全国に20店舗を展開し、東北では「仙台フォーラス」を運営している。オーパ業態は東北で初めて。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]