製菓の鈴木栄光堂、相次ぎ同業買収 グループ力で生き残り

2017/10/2 20:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

製菓の鈴木栄光堂(岐阜県大垣市、鈴木伝社長)が相次ぎ同業を買収している。せんべいなどを製造する千秋庵総本家(函館市)を買収したことが2日に判明。洋菓子販売の東京どりいむ(東京都稲城市)などを含め、各地の有名菓子店4社を傘下に置いた。人口減少で菓子業界は市場の縮小に見舞われており、グループ力を高め生き残る戦略だ。

千秋庵総本家は1860年創業で、北海道を代表する土産「マルセイバターサンド」を生産す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]