/

バイオマス発電 買取価格の再引き下げを検討

日経BPクリーンテック研究所

2017年度最初の調達価格等算定委員会が9月29日に開催された。今後の固定価格買取制度(FIT)の運用などに関する主な論点の整理に加え、認定量の急増しているバイオマスについては、政策の方向性について具体的な議論を開始めることとなった。

今年度の算定委員会は2017年4月のFIT改正後、最初の開催となる。そのため、従来のように次年度の買取価格を決めるだけでなく、改正で一部の再生可能エネルギーに導入された、入札制度や複数年度の価格設計なども検討事項に加わる。

今年度の算定委員会で議論する調達価格のイメージ(出所:経産省)

太陽光については、今年度に初めて実施される大規模太陽光の第1回の入札結果を検証した上で、来年度に実施される第2回、第3回の入札量、上限価格を決める。住宅太陽光については、2019年度までに決まっているため2020年度の価格水準を議論する。

また、風力については認定の増えている20kW未満の小型風力をどのように扱うかが、新たな論点となる。

太陽光、風力とも、ここにきて海外で急速にコストダウンが進んでいる状況を踏まえ、「基幹電源として普及拡大させることを前提に、さらにコスト効率的な導入を進めるためにはどのような調達価格の水準が適切か」(経産省・事務局)を議論する。国際水準に比べて高止まりしている再エネ発電のコストをいかに下げていくかが、これまで以上に強調されることになりそうだ。

バイオマス発電の認定容量(2017年3月時点)(出所:経産省)

輸入バイオマスの持続可能性に懸念

大規模な一般木質バイオマス・農業残さによる発電は、2017年10月から買取価格が24円/kWhから21円/kWhに引き下げられる。このため認定量が急増している現状が示され、問題点として議論された。2017年3月時点で、このカテゴリーのバイオマス発電の認定量は1147万kWに達し、4月以降、9月までの駆け込み申請がさらに積み増される可能性が高い。2030年のベストミックス目標では274万~400万kWを想定していたことから、3倍以上の認定量になることはほぼ確実な情勢だ。

「一般木質バイオマス・農業残さによる発電」の1147万kWのうち、出力・容量ベースの約9割が専焼案件で、そのうちパームオイルが件数ベースで54%、出力ベースで38%。パームオイル以外でPKS(パーム椰子殻)を含むものが件数で33%、出力ベースで45%となっており、輸入バイオマスへの依存が大きいことが示された。

一般木材等バイオマス発電設備の専焼案件の燃料内訳(出所:経産省)

事務局は、こうした実態を踏まえ、「燃料費が7割を占めるバイオマス発電は、FITからの自立が可能なのか」「燃料安定供給の持続可能性をいかに確保すべきか」「ベストミックスとの差を試算すると買取費用が1兆円増加する」ことなどの問題点を示した。

2万kW以上の大規模な一般木質バイオマス・農業残さによる発電は、2019年度まで21円/kWhと決まっている。算定委員会では、「あらためて向こう3年間の買取価格を検討する必要がある」とし、その際、「来年度・再来年度の既決事項との関係を整理することが必要」とした。

バイオマス発電は、「リードタイムの長い電源」の1つとして、前年度の算定委員会でファイナンスに配慮して「3年分の調達価格」を決めた。皮肉なことに、それが価格政策の柔軟性を縛ることになってしまった。

委員らは、「ここまでバイオマスの認定量が急増することは想定していなかった」「特に輸入バイオマスの持続可能性が懸念される」「日本のFIT制度によって、海外の自然・社会環境に悪影響を及ぼす事態は絶対に避けるべき」「あるべき姿に変更していくことを検討すべき」との声が相次いだ。

山地憲治委員からの「一度決めた調達価格を変えることは可能なのか」との質問に対し、経産省・新エネルギー課長の山崎課長は、「変えられる事項と、変えられない事項がある。既決事項との関係を整理する必要がある」との回答だった。

大規模な一般木質バイオマス・農業残さによる発電の2018年度・19年度の調達価格(21円/kWh)の扱いを巡り、今後算定委員会でさらに議論されることになる。

(日経BP総研 クリーンテック研究所 金子憲治)

[日経テクノロジーオンライン 2017年9月29日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン