2019年6月25日(火)

ユニリーバ・インドネシアがイスラム教徒女性向け製品

2017/10/3 0:20
保存
共有
印刷
その他

■ユニリーバ(英蘭消費財大手) ヒジャブ(スカーフ)を日常的に着用するインドネシアのイスラム教徒の女性を対象にしたボディー用保湿剤をこのほど発売した。即効性のある冷却成分を含んでいるという。

同社のインドネシア部門であるユニリーバ・インドネシアは9月27日、ボディー用保湿剤「ピュアライン・ヒジャブ・フレッシュ」を発売した。これに先立って昨年販売を始めたシャンプー製品「サンシルク・ヒジャブ・リチャージ」の売れ行きは上々という。

同社でパーソナルケア製品を担当するバイスプレジデントのイラ・ノビアルティ氏は、世界最大のイスラム人口を抱えるインドネシアではヒジャブを身にまとうイスラム女性の数が過去10年間で少なくとも2000万人に増えており、今後も増加は続く見込みだと述べた。

ピュアライン・ヒジャブ・フレッシュのブランドマネジャー、カラミタ・ダルスマン氏は新たに発売した保湿剤に関し、既存のボディー用保湿剤とは異なり、この商品は即効性のある冷却成分を含んでおり、皮膚に素早く浸透すると説明。インドネシアのような熱帯の高温多湿地域の公共の場でヒジャブを身にまとう女性が必要とする効能だと強調した。

また、ピュアライン・ヒジャブは同国のスキンケア商品に一般に含まれる香料や美白・UVカット成分を含んでおり、肌質に合わせて数種類の異なるタイプから選べる。

ノビアルティ氏は、ユニリーバ・インドネシアがヒジャブ着用者向けの製品を他のイスラム主要国に輸出する機会を「模索している」ことを明らかにした。

この保湿剤は、宗教意識が高まっているインドネシアのイスラム教徒の顧客を取り込むため、同国で販売されているユニリーバの他のほぼ全製品と同様にハラル認証を受けている。(ジャカルタ=エルウィダ・マウリア)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報