サツドラ系のAI東京、北大に開発拠点

2017/10/3 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サツドラホールディングス傘下の人工知能(AI)開発会社、エーアイ・トウキョウ・ラボ(AI東京、東京・千代田)は3日、北海道大学内に開発拠点を開設する。サツドラの店舗情報などをもとに、北大などの人材を活用しながら、AIサービスの商品開発を加速する。産学連携とAI開発をテコに、IT集積地「サッポロバレー」の再構築を目指す。

開発拠点の名称は「AI HOKKAIDO LAB(エーアイ・ホッカイドウ・ラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]