ソフトウエアの価値創造と日本(1) 中田喜文 同志社大学教授
経済発展の転換、SEが主導

2017/10/3 2:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

20世紀から21世紀にかけての世界経済の発展は成長のけん引力がハードからソフトへ移ることで実現されました。この変化は世界的大企業の企業価値の源泉を見れば明らかです。そしてソフトウエアに基づく巨額の企業価値を創造しているのがソフトウエアエンジニア(SE)です。なかでも米カリフォルニア州シリコンバレーで働くSEがこの歴史的転換の先導者です。

彼らは自宅から自転車に乗って思い思いの時間に出勤し、昼食時…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]