2017年12月12日(火)

衆院選2017

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

改憲発議を明記 自民が衆院選公約

衆院選2017
政治
2017/10/2 15:47
保存
共有
印刷
その他

 自民党は2日午後の政調審議会で、10日公示―22日投開票の衆院選の公約を了承した。表紙に「この国を、守り抜く。」と記し、北朝鮮対応や憲法改正など6つの柱で構成。改憲の項目では(1)自衛隊の明記(2)教育の無償化・充実強化(3)緊急事態対応(4)参院の合区解消――を挙げ「憲法改正原案を国会で提案・発議し、国民投票を行い、初めての憲法改正をめざす」と訴えた。

 2日中に臨時総務会で了承し、岸田文雄政調会長が発表する。6本柱としては、北朝鮮対応と憲法改正のほかに「アベノミクスの加速」「劇的な生産性の向上」「保育・教育の無償化を加速」「地方創生」を掲げた。

衆院選2017をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

岸田文雄自民党


選挙情勢 (紙面PDF)

党派別立候補者数
  合計 小選挙区 比例代表 公示前
自 民 332 277 313 290
希 望 235 198 234 57
公 明 53 9 44 34
共 産 243 206 65 21
立 民 78 63 77 15
維 新 52 47 52 14
社 民 21 19 21 2
こころ 2 0 2 0
諸 派 91 44 47 0
無所属 73 73 39

※諸派は幸福実現党など。公示前勢力は衆院解散後の党派の移動を反映した