2019年9月19日(木)

衆院選2017

フォローする

改憲発議を明記 自民が衆院選公約

衆院選2017
2017/10/2 15:47
保存
共有
印刷
その他

自民党は2日午後の政調審議会で、10日公示―22日投開票の衆院選の公約を了承した。表紙に「この国を、守り抜く。」と記し、北朝鮮対応や憲法改正など6つの柱で構成。改憲の項目では(1)自衛隊の明記(2)教育の無償化・充実強化(3)緊急事態対応(4)参院の合区解消――を挙げ「憲法改正原案を国会で提案・発議し、国民投票を行い、初めての憲法改正をめざす」と訴えた。

2日中に臨時総務会で了承し、岸田文雄政調会長が発表する。6本柱としては、北朝鮮対応と憲法改正のほかに「アベノミクスの加速」「劇的な生産性の向上」「保育・教育の無償化を加速」「地方創生」を掲げた。

衆院選2017をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ

電子版トップ特集トップ


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。