シャープ Wi-Fi専用ロボホン発売 より手軽に

2017/10/2 13:59
保存
共有
印刷
その他

シャープは2日、ロボット型携帯電話「ロボホン」で、Wi-Fiでの通信専用モデルを6日に発売すると発表した。従来の電話ができるモデルは約20万円だったが、Wi-Fi専用にすることで税別13万8千円まで価格を抑えた。

ロボホンは二足歩行したり人工知能(AI)により会話を楽しめたりするロボット。月額980円(税別)の利用料も1年間は無料にし、より多くの人が手軽に使えるようにした。法人向けには接客対応や商品説明などに使えるアプリをセットにしたプランもそろえる。

また2017年前半発売を予定していた家電や住宅設備機器を一括管理する「ホームアシスタント」ロボットは発売を延期し、18年度の早期発売を目指す。長谷川祥典専務執行役員が家電・ITの国際見本市「シーテック」の開幕に先立ち開いた記者会見で明らかにした。音楽も楽しめるAIスピーカーの流れを受け音楽機能を強化するためで、名称が変わる可能性もあるという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]