2019年6月19日(水)

アプリが禁煙指導 国内初の治験入り キュア・アップ

2017/10/2 12:15
保存
共有
印刷
その他

治療用アプリ開発のキュア・アップ(東京・中央)は2日、ニコチン依存症の治療用アプリ「CureApp 禁煙」の保険適用に向け、月内に臨床試験(治験)を始めると発表した。医師が対面で患者を指導する認知行動療法の内容をスマートフォン(スマホ)を通じて提供する。

国内で治療用アプリの治験が始まるのは初めて。米国では医療費を減らす流れのなか、治療アプリの利用が広がっている。

佐竹晃太社長は同日、東京都内で記者会見し「医師や看護師の代わりにソフトウエアが患者に寄り添うようになる」と話した。治験は2019年3月までを予定。慶応義塾大学病院やさいたま市立病院などで実施し、2年後の実用化を目指す。

患者は禁煙できたか、どのくらい喫煙したいかなどの情報を毎日スマホに入力していく。入力データをもとに、アプリ側で行動療法に基づいた指示を通知する。

禁煙外来の効果は高いとは言えず、7割の患者が治療1年後に再び喫煙してしまうという。通院していない期間に挫折しやすい。アプリの臨床研究の段階では、治療を始めて半年後に67.9%が禁煙を継続できていた。

14年に施行された医薬品医療機器法(旧薬事法)で医学的データを示せば、ソフトが承認を得られるようになった。ただ、患者の治療に用いるソフトで承認を取得した事例は国内ではまだない。

米国では先んじて治療用アプリの利用が広がっている。米ウェルドック(ペンシルベニア州)が開発した糖尿病治療アプリでは、血糖の状態を示す値を下げる効果も示されている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報