2019年9月15日(日)

ノーベル生理学・医学賞発表へ 本庶氏ら候補

2017/10/2 11:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2017年のノーベル賞の発表が2日夕の生理学・医学賞を皮切りに始まる。日本の研究者が4年連続で受賞することになるのか、有力分野と候補を展望する。

生理学・医学賞は16年、大隅良典・東京工業大学栄誉教授が受賞。15年の大村智・北里大学特別栄誉教授からの連続受賞となっている。

17年に有力視されているのが、病原体から身を守る免疫分野の研究者2人。免疫を活用した新タイプのがん治療薬「オプジーボ」の開発…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。