/

この記事は会員限定です

希望の「選別」で民進に亀裂 合流・無所属・新党、3分裂

[有料会員限定]

衆院選の公示まで10日を切る中、新党「希望の党」との事実上の合流を決めた民進党の対応が、合流組、無所属組、新党組と大きく3つに割れる様相となってきた。希望側が憲法改正などへの態度で合流者を選別しようとしているためだ。希望の手法に反発する民進前議員が、無所属での出馬や新党を立ち上げて選挙に臨む姿勢を示し始めるなど、合流話は出足からつまずいている。

1日、民進党本部で前原誠司代表と約30分会談した枝野...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1039文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン