郵政民営化10年 成長へ原点回帰 地域密着型で稼ぐ

2017/10/1 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

郵政民営化から、10月1日で10年がたった。膨れあがった官業を見直し、民間の活力につなげる大改革だったが、10年間の歩みは順調とは言えない。郵便事業は2割縮み、成長に向けた買収戦略は失敗が続く。「官から民へ」の象徴は今、全国に広がるネットワークを効率よく使うという「原点回帰」に取り組み始めている。

千葉県いすみ市にある岬郵便局は、物販で始めた新ビジネスで前年の10倍を売り上げたと話題の局だ。海に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]