保育士の子ども、優先して保育所に 離職防ぎ待機児童対策

2017/10/1 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は2018年度から、保育士の子どもが優先的に保育所に入れるようにする。入所の優先順位を高めるほか、保育士が自ら勤める保育所に子どもを預けることを認める。仕組みの整備を求める通知を市町村に出す。資格を持っていても働いていない「潜在保育士」は80万人いるとされる。保育士の子育てによる離職を防ぎ、待機児童対策を進める。

原則として18年度の入所申し込みから適用する。認可保育所は自治体への申し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]