2019年9月23日(月)

衆院選2017

フォローする

民進・枝野氏、新党も選択肢 「希望」合流めぐり

衆院選2017
2017/10/1 12:38
保存
共有
印刷
その他

民進党の枝野幸男代表代行は1日午前、小池百合子東京都知事が代表を務める新党「希望の党」との合流について「(民進党の)理念や政策が変わるならいろんな判断がある」と述べ、希望には合流せず、独自の新党結成も選択肢になるとの考えを示唆した。同日中に前原誠司代表から希望側との交渉状況を聞いて判断する方針だ。国会内で記者団に語った。

枝野氏は同日午前、前原氏と電話で協議。「(希望との合流を決めた9月28日の)両院議員総会で、前原氏がみんなで新しい器で民進党の理念や政策を実現しようと言った。前提が違うなら私も納得できない」と伝えた。前原氏は「一生懸命頑張っている。きょうの夕方まで待ってほしい。その状況をみて判断してほしい」と応じたという。

枝野氏は記者団に「前原氏の話を受けて判断する。連絡があるまでは信じて見守る」と表明。新党結成に関しては「様々な動きがあるのは承知している。時間の区切りがあるので、ギリギリまでみて判断をすべきだ」と語った。

希望との合流を巡っては、民進党が衆院選立候補者全員の公認を求めている一方、小池氏は安全保障や憲法観を基に選別する考えを示している。小池氏の方針に民進内のリベラル系議員は反発を強めており、一部には無所属で出馬したり、独自の新党結成を模索したりする動きが出ている。

衆院選2017をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ特集トップ


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。