/

この記事は会員限定です

丸山眞男さんの憂鬱 社会学者 橋爪大三郎

[有料会員限定]

丸山眞男さんは、戦後を代表する知識人で政治学者。私の師・小室直樹博士は、東大の大学院で丸山教授の指導を受けた。だから私は、丸山さんの孫弟子にあたる。

丸山さんの代表作は『日本政治思想史研究』。江戸の儒者荻生徂徠の「作為」の思想が、明治につながる近代の萌芽(ほうが)だと結論する。小室博士も同書を高く評価する。

でも私は腑(ふ)に落ちない。徂徠は、朱子学に反対する古学者で、聖人の教えに戻れと説く。朱子...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り489文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン