/

この記事は会員限定です

王者ブラックロックの野望

運用界のプラットフォーマー目指す

[有料会員限定]

米運用会社大手ブラックロックの躍進が続いている。相次ぐ買収で運用資産が膨らみ、日本市場での存在感も格段に高まってきた。金融業界の王者はどこへ向かうのか。狙うのはグーグルやアマゾン・ドット・コムのような運用界のプラットフォーマーだ。

「ウォール街の王者ゴールドマンが退位し、新王者はブラックロックに」。金融危機後、こうした見出しが米メディアに躍ることが増えた。

世界の運用資産全体の7%扱う

金融危機後の金融規制の強化でくびきを負う...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2146文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン