/

飲食店注文 客のスマホで

写真掲載 外国人も簡単

エクストリンクがシステム

飲食店向けに注文や売り上げを管理するシステムを手掛けるエクストリンク(大阪市)は、来店客が自分のスマートフォン(スマホ)を注文端末として利用できるシステムを開発した。メニューには料理の写真を載せることもでき、急増するインバウンド(訪日外国人)も注文しやすい。同社のシステムを契約している飲食店を対象に売り込む。

同システム「スマセル」は入店時にテーブルごとにQRコードが記されたレシートを発行。スマホでコードを読み取ると、その飲食店のメニューが記載されたページが表示され、画面を操作して注文する仕組みだ。

大手チェーン店などでは客席にタッチパネル式の注文端末を置く場合がある。料理が写真で見られるため外国人客も利用しやすいが、既存の機器は1台30万円程度と高価で、中小規模の飲食店では導入しにくかった。来店客のスマホを使ってもらうことで、類似の機能を割安に実現できる。

エクストリンクが飲食店向けに販売している売り上げや注文の管理システムと連動し、簡単にメニューを変えられるほか、客の属性ごとの好みも集計できる。将来は多言語にも対応させる。

同社のシステムは飲食店など全国約3000店に導入されており、利用料は従来システムに上乗せする形で月額1万~2万円で提供し、月20~40件の契約を目指す。

エクストリンクは2006年の設立。17年4月期の売上高は132億円。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン