/

海面水温、風によっても変化

海の表面は直接太陽の熱を受けるほか、常に大気と接しており、蒸発したり雨で冷やされたりするので気象への影響を考えるうえで重要だ。海面の上を強い風が吹けば蒸発が促され、熱が奪われて水温は下がる。逆に風がないと暖まりやすい。

風は海水を動かす力も持つ。熱帯太平洋では通常、貿易風という東風が吹いており、海水も東から西へ動く。東部の水は減るので、それを補うように少し深いところから冷たい水が上がってくる。

この傾向がより強まった状態がラニーニャだ。逆に西風の成分が強まり、冷たい水が上昇しにくくなると、エルニーニョの発生を促したり強めたりする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン