夏の大雨、南の海が降らせた 解明の糸口見える

2017/9/30 17:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今年の夏は東日本などで記録的な日照不足や多雨となった。日本などの気象は、太陽のエネルギーをたっぷり受ける熱帯の海の温度や上空の風に左右される。はるか遠くの海の変化がどのように伝わってくるのか、解明の糸口が見えてきた。研究が進めば月単位の長期予報の改善や、温暖化の研究にも役立つと期待される。

「今年8月前半の気圧分布はとても特徴的だった」。東京大学の小坂優准教授はこう話す。日本の南方の気圧が平年よ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]