/

この記事は会員限定です

小池新党、2つの「ゼロ」のインパクト

編集委員 滝田洋一

[有料会員限定]

衆院選で小池百合子都知事が立ち上げた希望の党。消費再増税の凍結(増税ゼロ)と脱原子力発電(原発ゼロ)。この2つの政策をどう織り込むかが、金融・株式市場の課題になる。

前者の消費再増税凍結の主張は、安倍晋三首相の掲げる消費増税分の使途変更と並んで、日本の財政に市場の関心を向かわせるきっかけになった。日本の基礎的財政収支(プライマリーバランス=PB)の行方はどうなるか。

内閣府の7月時点の試算によれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1544文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン