/

この記事は会員限定です

円安にブレーキかける小池新党

経済部 三田敬大

[有料会員限定]

解散・総選挙が外国為替市場にも影響を及ぼしつつある。円相場にとって気がかりなのは、小池百合子都知事の立ち上げた新党が円安のブレーキ材料になりかねないということだ。実際、足元の市場では、27日公表の米税制改革案というドル高・円安材料を手掛かりに1ドル=113円台まで下落したが、すぐに112円台まで押し戻される展開が続いている。今後、仮に小池新党の勢いが増し、現政権を脅かすようなら「経済政策の不透明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り474文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン