/

プロ野球界を巣立つ大谷、来る清宮への期待

日本ハムの大谷翔平が今季終了後、ポスティングシステムを利用して大リーグに移籍する見通しだと報じられている。投打二刀流で球界の常識を覆した彼が米国でどのような活躍をみせるのか。いまから楽しみにしている。

当初、私の中では大谷といえば投手だった。160キロ超の快速球をコンスタントに投げ、入団3年目の2015年に15勝5敗、防御率2.24で最多勝、最高勝率、最優秀防御率の投手3冠に輝いた。同年の打撃成績は2割2厘、5本塁打、17打点。早く投手に専念すればいいのに、と思っていた。

そんな考えを改めたのは昨年、解説者1年生として春季キャンプの取材に訪れたときだ。沖縄・名護のグラウンドで目にした大谷の打撃練習に驚いた。日本人でこんなに飛ばす選手がいたのか。それも投手の片手間にやっているはずなのに……。

16年シーズンの大谷は打線の中軸を担い、3割2分2厘、22本塁打、67打点と飛躍を遂げた。投手でも2桁勝ち、チームの日本一の立役者として最優秀選手(MVP)にも選ばれた。右足首のケガに苦しんだ今季も打率は3割を優に超え、規格外の一発もたびたび放っている。

掛け値なしに100年に一人の逸材

投手だけ、打者だけということなら、大谷以上の選手は過去にもいた。しかし投打の両方でこれほどの高みに達した選手はいない。リアルな漫画のような存在は今後も簡単には現れないだろう。これまでの日本球界で最高の素材であり、掛け値なしに100年に一人の逸材だ。

大谷は投打ともさらに大きくなる可能性を秘めている=共同

彼はいまなお発展途上にある。既に投打とも大リーグで十分通用するレベルにあるが、さらに大きくなる可能性を秘めている。ポスティング金額は多くの球団が上限で横並びになる可能性が高く、そうなれば大谷が行き先を決められる立場になる。ぜひとも二刀流を認めてくれるチームを選んでほしい。

不安材料を挙げるなら右足首の状態ということになる。今季、投手としてほとんど機能できなかったのはこの故障が原因だ。シーズン終了後に手術を受けると報じられている。その後のリハビリなども考えると、時間はあるようでさほどない。ただでさえ新しい環境になじむのは苦労する。もう1年かけて万全の状態にしてからでも遅くないと思うが、渡米のタイミングは本人や球団が決めること。外野がとやかく言う資格はない。

実際にプレーしてみれば発見や感じることも出てくるだろう。現実的に考えれば30歳までにはどちらかに絞ることになるのかもしれない。けれども、その選択をするのはあくまで彼自身であるべきだ。たび重なる故障で意思に反してどちらかを諦める、という事態にならないためにも、体調管理には細心の気配りをしてほしい。

大谷と入れ替わるようにして日本球界に飛び込んでくるのが早実の清宮幸太郎内野手だ。大学かプロかと進路が注目されていたが、私はプロ入りに大賛成だ。よくぞ心を決めてくれた、とお礼を言いたい。遠くに打球を飛ばす天性の素質は野球に専念できるプロの環境で一段と磨かれることだろう。

野球をなりわいとするプロの練習量、2軍でも年間100試合以上をこなすことで得られる経験値は、学業との両立が求められる大学とは比べものにならない。

将来のスーパースターの資格十分

ドラフト下位で入って2軍でもあまり試合に出られないという選手であれば、大学に進み、中心選手の自覚と緊張感を持って4年間を過ごす方が伸びるということもある。だがドラフト1位確実の清宮は違う。話題性も含め、早くから1軍での出場機会に恵まれるはずだ。昨今の球界を見渡しても大成する選手の7~8割は高校からプロ入りしている。注目されるのは重圧にもなるだろうが、騒がれるうちが華ともいえる。将来のスーパースターの資格は十分。筒香嘉智(DeNA)のような和製大砲に育ってほしい。

清宮の遠くへ飛ばす素質はプロでさらに磨かれるはずだ=共同

大谷と同じく、清宮も将来は大リーグという夢を持っているようだ。日本のプロで力をつけて大リーグという大谷の選択は大正解だった。高校から直接渡米するより日本のファンにも親しみがわくし、日本での成績が実力の指標にもなる。清宮も将来、似たような道を歩むのかもしれない。将来のポスティングを認めるかどうかが入団交渉に影響を与えるという意見もまことしやかにささやかれている。しかしこの議論は妥当だろうか。

私はフリーエージェントという制度がある以上、それを使って渡米するのが本筋だと考えている。ポスティングを否定するわけではない。球団経営、選手のキャリアの視点から双方が納得してポスティングを選ぶのであれば、それはそれでいいだろう。

だが、すべての球団が選手の希望を最優先してポスティングに応じるべきだとは思わない。選手側がポスティングの容認を入団の条件にしたり、強硬に主張したりするのはどうかと思う。ポスティングで得られる金銭は要らないから1年でも長くうちで活躍してほしい、というチームもあっていいではないか。

(野球評論家)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン