チームニッポン大変革

フォローする

バドミントン界の「伝説」が桃田に送った言葉
編集委員 北川和徳

(1/2ページ)
2017/9/29 6:30
保存
共有
印刷
その他

バドミントンのダイハツ・ヨネックス・ジャパン・オープンが9月24日まで東京体育館で開催された。8月下旬の世界選手権(英グラスゴー)では、女子シングルスを奥原希望(22、日本ユニシス)が初制覇し、日本はメダル計4個を獲得した。そのバドミントンで東京に世界のトッププレーヤーが集結する大会とあって、会場は大勢のファンで沸いた。

日本では毎年、さまざまな競技の国際大会が開催されているが、夏季五輪で実施される個人種目でこれほど超一流が勢ぞろいする大会は珍しい。あえて挙げれば6月にある卓球の荻村杯ジャパン・オープンがそうだが、上位が中国選手ばかりとなる卓球と違い、バドミントンは欧州勢に、インドネシアやマレーシア、インドなども強く、さまざまなプレースタイルが楽しめる。

マレーシアの国民的英雄、リー・チョンウェイ 実はこの大会でどうしても見たいプレーヤーがいた。マレーシアのリー・チョンウェイ(34)。日本での知名度はあまり高くないが、バドミントン界ではすでにレジェンド(伝説)とも呼ばれるスーパースターである。過去には世界ランク1位を長期間にわたって維持し、ジャパン・オープンは6度も優勝している。

だが、五輪と世界選手権では頂点に立ったことがない。五輪は2008年北京からロンドン、リオデジャネイロと3大会連続の銀メダル。宿敵ともいえる中国の林丹(33)に2大会連続して決勝で敗れ、リオでは準決勝で林丹を破ったと思ったら、決勝でまたも中国のシン龍(28)に屈した。世界選手権も決勝で敗れること4度。これほど典型的なシルバーコレクターも他に例がないだろう。

多民族国家であるマレーシアで国民が一丸となって応援する英雄。マレーシアは五輪の金メダルをまだ獲得していない。3度も決勝で屈した彼の胸中を想像すると、こちらもつらくなる。

リオ五輪の決勝で敗れた後、去就について「来年の世界選手権まではプレーする」と話したそうだ。五輪はもう無理かもしれないが、世界一のタイトルだけは手にして引退したかったのだろう。だが、その世界選手権は1回戦でフランス選手にまさかの敗戦。10月には35歳になる。今回のジャパン・オープンが日本で生で彼のプレーを見る最後の機会になるのではと思っていた。

結果は決勝で今年の世界選手権王者、ビクトル・アクセルセン(23、デンマーク)に敗れて準優勝だった。世界選手権8強のうち7人が出場した大会だから、トップレベルの実力は健在だと示したといえる。正直に言って、気持ちを立て直してこれほど戦える状態で日本に来るとは思わなかった。「世界選手権後は1週間休んでから練習を再開した。常に満足する結果とはいかないが、ファンの前でいい加減な試合はしたくない。きちんと準備して戦っている」。初戦から5試合すべてを見たが、勝敗とは別に、他選手とは異なるステージにいる真のスターだと実感した。

3年後に「4度目の正直」を

身長は170センチ余り、体重60キロ。小柄で細身の体が軽やかなフットワークで躍動する。集中力が高まったときのプレーは特にすごい。前方に落とされたシャトルを体を投げ出して床すれすれでふわりと上げる。それがはかったようにギリギリでネットを越える。甘い返球には舞い上がるようなジャンプから強烈なスマッシュをたたき込む。ネット際では手品のようなヘアピンで相手を翻弄する。しなやかで知的で粘り強い。力みや無駄な動きがいっさいないプレーは美しいとさえ感じた。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

障害者スポーツコラム

電子版トップスポーツトップ

チームニッポン大変革 一覧

フォローする
設楽悠は2時間6分11秒で快走した

 低迷していた日本の男子マラソン界に2017~18年シーズン、明るい兆しが見えてきた。2月下旬の東京マラソンで設楽悠太(26、ホンダ)が2時間6分11秒と快走し、16年ぶりに日本記録を更新。井上大仁( …続き (2018/3/21)

小平奈緒選手の応援で長野県茅野市役所の会場に集まった人たち。パブリックビューイングは自治体が主体の場合のみ認められた=共同共同

 20年前の長野冬季五輪で最大のヒーローといえば、ノルディックスキーのジャンプで金2個を含む計3個のメダルを獲得した船木和喜(フィット)だった。当時22歳の船木はデサントの社員。高校卒業後の彼を同社が …続き (2018/3/7)

昨年12月のW杯1000メートルを世界新で制した小平奈緒(右)と2位の高木美帆。五輪でもこんなシーンがあるか=共同共同

 平昌冬季五輪がまもなく開幕する。北朝鮮の参加をめぐる影響やロシア勢のドーピング問題による混乱など、かつてないほどの不安要素を抱えているが、日本選手の活躍に関していえば見どころ満載で楽しめる大会となり …続き (2018/2/7)

ハイライト・スポーツ

[PR]