/

この記事は会員限定です

中国高速鉄道、「宴の後」の債務80兆円

編集委員 村山宏

[有料会員限定]

9月21日は中国にとって晴れがましい日だった。北京と上海を結ぶ高速鉄道が最高時速350キロでの営業運転を始めたからだ。2011年の衝突事故以来、高速鉄道の最高時速を300キロまで落としていたが、350キロの復活で日仏を上回り世界一の座を奪還した。10月の共産党大会という宴(うたげ)を前に国威を発揚する格好の材料だ。ただし栄光の陰で、高速鉄道を運営する中国鉄路総公司は80兆円の巨額の負債を抱え込むこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン