2019年8月23日(金)

競馬実況アナ日記

フォローする

近代競馬発祥の地 横浜・根岸を訪ねて

(1/2ページ)
2017/9/30 6:30
保存
共有
印刷
その他

江戸時代というとはるか昔のように思えるが、日本の近代競馬は歴史が大きく動いていた幕末の横浜に始まる。

横浜港は1859年(安政6年)に開港され、外国人居留地が設けられた。その1年後には元町で、くいとロープで作られた簡単なコースを使い、早くも洋式競馬が開催された。居留外国人にとって競馬がいかに親しみある娯楽であったかがわかる。その外国人向けに日本で初めて開設された洋式競馬場が根岸競馬場だ。

根岸競馬場の敷地の大部分が根岸森林公園として整備された

根岸競馬場の敷地の大部分が根岸森林公園として整備された

「外国人の安全確保を図る上でも東海道から離れた遊歩新道に沿う根岸村の丘の上が望ましい」(「ハイカラケイバを初めて候」馬事文化財団刊)との理由から、横浜郊外にあり、港の見える丘につくられた。「1周972間(1764メートル)、幅員13間(28.8メートル)」という、中山競馬場の内回り芝コースよりも周回距離がある大きなものであり、1867年(慶応3年)に最初の開催が行われた。

今は緑たたえる自然豊かな公園

横浜農林省賞典四歳呼馬(のちの皐月賞)や帝室御賞典等の大レースが行われ、明治天皇の行幸も13回を数えた根岸競馬場だったが、1942年(昭和17年)に戦争の激化に伴い競馬開催は中止に追い込まれた。江戸、明治、大正、昭和と4つの時代にわたって開催されていた根岸の競馬は76年間の歴史にピリオドを打ち、以後、再開されることはなかった。

「軍港が一望できるとの理由と、作戦上必要な施設である」として海軍省に接収され、機密文書の印刷工場などが設けられた。港が見える眺望のよさがあだとなった格好だ。戦後は米軍に接収され、広大な土地は米軍専用の住宅やゴルフ場などとして利用された。

一部の接収が解除されたのは69年。77年に敷地の大部分が根岸森林公園として整備され開放された。18万平方メートル余りの広さを誇る公園には、見渡す限りの芝生の海が広がり、梅林、桜山、どんぐりの森などが季節ごとに彩りを添えている。取材した日は9月の平日、少し夏が戻ってきたような陽気だったが、家族連れや恋人同士が芝の上や木陰で自然を楽しんでいた。

根岸森林公園には当時のスタンド跡が手付かずのまま残っている

根岸森林公園には当時のスタンド跡が手付かずのまま残っている

ただ、憩いの広場として開放されているのはあくまでも「大部分」であり、全てではない。一部はまだ接収されたままで、かつてのゴール地点を含む一部が今も米軍住宅などとして利用されている。しかし、根岸の米軍住宅はすでに神奈川県逗子市と横浜市にまたがる池子住宅地区への移転が既に決定しており、退去が進んでいる。完全退去はいつになるかわからないが、近い将来、あまたの名馬が駆け抜けたゴールの跡を踏みしめることができそうだ。

奇跡的に残る瀟洒なスタンド

公園を歩くと、緑豊かな森の上に古めかしいコンクリートの建物が目に飛び込んでくる。ここが競馬場だったことを知らなければきっと驚くに違いない。29年に完成したコンクリート造りのスタンドや一等馬見所は、関東大震災後に建てられたため非常に頑丈で、今なおその瀟洒(しょうしゃ)な姿をとどめている。米国人建築家のJ・Hモーガンにより設計されたスタンドは3つの塔と丸窓が印象的で、古城のような雰囲気でたたずんでいる。米軍接収中は米海軍住宅管理部の司令部が入り、スタンドの接収解除は81年まで待たなければならなかった。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

競馬実況アナ日記 一覧

フォローする
場立ち予想家の吉冨さんのブースの前にはいつも人だかりができる

 東京・大井競馬場のパドック横にずらりと並ぶ百戦錬磨の場立ち予想家のブース。一番端に位置する「ゲートイン」と書かれた場所には、いつも人だかりができている。大井競馬のカリスマ予想家、吉冨隆安氏。特に「痛 …続き (8/17)

2005年5月、日本ダービーを制した武豊騎乗のディープインパクト=共同共同

 ディープインパクトが死んだ。あの、ディープインパクトが。「史上最強馬はどの馬か?」と問われたら、私も多くの方と同様、間髪を入れず、迷うことなく、ディープインパクトと答える。わずか2年の競走生活でG1 …続き (8/3)

馬主の最大の夢とロマンは愛馬がG1競走に勝つことか(6月の宝塚記念)=共同共同

 競馬実況で馬を見分ける主な手掛かりは、騎手が着用している帽子と勝負服のデザインです。
 先日、筆者が実況を担当していた競馬場に、競馬未経験者を含む友人数名が来てくれました。彼らにとって、競馬場で聴く友 …続き (7/20)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。