2019年6月18日(火)

美術ガイド・9月29日付

2017/9/28 17:32
保存
共有
印刷
その他

■文人のまなざし 書画と文房四宝 10月1日まで、奈良市の大和文華館電話0742・45・0544。日本、中国、朝鮮における文人の書画と書斎道具を中心に約70件。中国・江南地方の風景を描いた水墨画や、硯(すずり)、筆などの道具などから文人たちが理想とした奥深い精神世界や美意識が広がる。

■「懐かしい花たちとの時間」沼尾雅代油彩画展 10月4日まで、大阪府守口市の京阪百貨店守口店(電話06・6994・1313)6階京阪美術画廊。緻密に描かれたコスモスや野菊などの花々。写実に徹した描写が真に迫る。花を飾る籠や花瓶も丁寧に表現されている。

■峰本克子展「未明のささやき」 10月8日まで(月曜休)、大阪市中央区のMU東心斎橋画廊電話06・4963・2103。やわらかい筆致で描かれた風景や子供の顔などの絵画十数点。黄色いドットを塗り残した画面が、夢と空想の世界を思わせる。

■井上花「幾何学×プリズム」 10月15日まで(火・水曜休)、大阪市西区のヨシミアーツ電話06・6443・0080。多角形や円、色の変化、光の屈折などに想を得た平面と立体作品の数々。岩絵の具や鏡、麻紙、アクリル板、ラミネートなどの素材を巧みに組み合わせ、豊かな作品世界を創造している。

■文化勲章受章の画家たち 12月3日まで(10月9日以外の月曜と10日休)、大阪府高石市の小林美術館電話072・262・2600。文化勲章を受けた日本画家39人の作品を展示。竹内栖鳳と横山大観に始まり、川合玉堂、安田靫彦、前田青邨、東山魁夷、平山郁夫と続く日本画の歴史を振り返ることができる。写真は上村松園「傘美人」。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報