/

この記事は会員限定です

東京・丸ビル開業15年、黄昏のオフィス街変貌

かつてのテナントも回帰

[有料会員限定]

丸の内ビルディング(東京・千代田)の開業から15年を迎えた。1990年代に「黄昏(たそがれ)」と揶揄(やゆ)された丸の内は、丸ビルの建て替えを機に息を吹き返した。衣料品店や飲食店が集積し、週末は買い物客であふれる。にぎわいを取り戻した丸の内はオフィス街としても復権。バブル崩壊後に丸の内を離れたテナントも回帰しつつある。進化を続ける丸の内の競争力の源泉を探った。

かつて「月曜から金曜の街」だった丸の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1879文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン