/

この記事は会員限定です

「善意のハッカー」を育てよう 身近なテロへの備えは

政策 現場を歩く

[有料会員限定]

あらゆるものがインターネットにつながる「IoT」社会。便利さと裏腹に、それだけサイバー攻撃のリスクにさらされる危険性も高まる。どう防ぐか。解の一つが、「善意のハッカー」の活躍を政策で支えることだ。

「このウェブサイトに7つ、脆弱性(バグ)を仕込んでおきました。見つけたら報告してください。午後5時までです、さあ始めて!」。東京都新宿区のオフィスビル、16日午後3時すぎ。雨の土曜日に教室に集まった20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1704文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン