/

この記事は会員限定です

電力自由化 切り替えで環境に貢献、トトロの森の整備も

[有料会員限定]

誰でも電気の購入先を自由に選べる全面自由化が始まって約1年半。従来の大手電力より料金が安くなるかが注目されがちだが、焦点はそればかりではない。せっかく契約先を変えるなら、何らかの形で社会貢献ができる電気を選ぼう――。こんな考え方を持つ消費者もじわりと増え始めている。

電気代の一部を基金に寄付

「自然環境の保護につながるならと思って」。大手電力から電力契約を切り替えたある女性はこう話す。契約したのは丸紅子会社の丸紅新電力(東京・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1761文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

消費を斬る

話題のヒット商品やトレンドの背景を専門記者が最前線の取材から分析、「今なぜ売れるのか」「次の流行は何か」を解き明かす。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン