/

群抜く攻撃力 なお未完 広島連覇の軌跡(上)

鈴木もがきながら核に

2年連続で、広島は2位に10ゲーム以上の大差をつけ、リーグ優勝のゴールを切った。球団として37年ぶりとなる連覇。黄金時代の幕開けとなるのか。

「2年続けて完璧なチームだった。広島を相手に守っているときは決して目を閉じてはいけない。まばたきの間に3点くらいは入っているかもしれないから」

リーグのなかで、かろうじて広島と互角の対戦成績を残したDeNA・ラミレス監督のコメントを引くだけで、強さを表現するには足りるだろう。負けていても、びびった相手投手から四球の一つも得ようものなら、そこから一気に攻め込みひっくり返す。ほぼ全員が走れるという機動力と相まって、断トツの得点力を発揮した。

4番に座った鈴木はシーズン中もフォーム改造に取り組んだ=共同

終盤離脱したものの、核になったのは5年目の鈴木だったといえる。4番定着は時間の問題とみられたが、緒方監督はシーズン前、新井、松山を含めた3人を「候補」とし、慎重に事を運んだ。4番という打順もかつてほど重いものではなくなったとはいえ、抜てきした途端に打てなくなる打者は少なくない。

だが、心配無用だった。初めて4番に座った4月11日の巨人戦。4番を務めていた新井が2安打を放ったあとの試合で、やりづらかったはず。それでも5打数3安打2打点。広島はこの試合を挟んで10連勝、開幕ダッシュに成功した。

しばらくは新井がベンチスタートのときに4番を務めたが、4月29日から新井が先発しても任されるようになった。8月23日のDeNA戦で大けがをするまで、チームを引っ張った。

長いシーズン、順風満帆だったわけではない。打撃フォームは常に試行錯誤。左脚を上げないノーステップ打法を試したこともあった。

不調打開のためでもあったが、鈴木自身があえて求めた試練でもあった。今季の自主トレで、昨年の打撃は忘れた、と語っている。「一からつくろう、と。去年どう打っていたのかわからないし、振り返らない。体も変わってきているし、今年は今年の打ち方がある」

まだまだ技術の裏付けという確信が得られていない。加えて、師匠として自主トレをともにこなすソフトバンク・内川が、連続して3割を打ち続けていたときでも、フォームを変え続けたことにも影響を受け、より厳しい道を選んだ。

理想を求め、日々もがきながら、4番という打順に向き合う。そんな姿を、緒方監督は「こういう厳しいシーズンの経験が成長につながる。順調にいくだけでは筋金は入らない。厳しい思いをしながらやれればいい」と静かに見守った。

これからも打撃に完成はなく、未完であり続けるだろう。だが、そこにこそ若い広島の強さがある。鈴木や西川、バティスタら、未完の人たちが変化しながら発するエネルギーが、ラミレス監督も脱帽するチームとしての完璧さをもたらした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン