スペシャル

フォローする

8強への道 強豪厚い壁 ラグビーW杯まで2年

(1/2ページ)
2017/9/20 2:30
保存
共有
印刷
その他

2019年のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の開幕まで20日であと2年となる。2年前の前回大会で躍進して世界を驚かせた日本代表にとって、8強入りを目指す道のりの折り返し地点。ここから強豪との差をどれだけ詰められるか。一方で、試合会場となる12都市やスポンサー企業は盛り上げに一役買おうと力を入れている。

「自分のスタイルでチームに必要なことをやる」とリーチ元主将

「自分のスタイルでチームに必要なことをやる」とリーチ元主将

15年W杯でラグビー日本代表の主将を務めたのがリーチ・マイケル(東芝)だ。南アフリカ戦の金星を含む3勝を挙げたチームを、無尽蔵の運動量とリーダーシップで支えていた。1年のブランクを経て、今年から代表復帰。28歳になった今は大きな肩書こそないが、責任感は変わらない。「キャプテンというのはただの名前。自分のスタイルでチームに必要なことをやる」

戦術一変、進化の途中

現在、日本代表は苦しんでいる。若手で臨んだアジアの大会を除くと10戦で3勝7敗。W杯の1次リーグで同組のアイルランドとも6月にホームで戦ったが、1軍半の相手に連敗した。

一定の陣形でパス主体に攻める従来の戦術を、ジェイミー・ジョセフ新ヘッドコーチは一変させた。キックを多用してピッチ上にあえて混沌をつくり、個々の判断を生かして攻める。日本が伝統的に苦手とするテーマといえる。それゆえ成熟は遅いが、「前のラグビーは決まったことしかやらなかった。今のやり方でも結果を出せれば、日本のラグビーを進化させられる」とリーチは前向きだ。

ただ「そのためのフィジカルが足りない」とみる。アイルランド戦は力勝負で劣り、好機で仕留められなかった。防御も前に速く詰める形に変えたが「チャンネルゼロ(密集の真上)を前進され、防御ラインが上がれなかった」と反省する。

16年から国際リーグのスーパーラグビーに日本のサンウルブズが参戦。強豪との日常的な対戦で、選手層が厚くなった実感はある。「若手が強い相手にも勝てる自信を持っているし、考え方も4年前とは全然違う」

アイルランドに連敗し、フィジカル面の不足を痛感した(6月、中央がリーチ)

アイルランドに連敗し、フィジカル面の不足を痛感した(6月、中央がリーチ)

一方、日程が過密になり、選手の疲労は蓄積。前回の成功の要因だった体づくりの時間も得られない。この点を整理すべき日本ラグビー協会も後手に回る。「前回やった(練習、試合の)ハードワークは絶対必要。そこはぶれてはいけない。みんなが同じ方向を向いてやれば絶対良くなる」と環境の改善を訴える。

2年前の初戦で南アフリカを倒すまで日本代表への注目度は高くなかった。初の開催国となる今回は違う。「ホームアドバンテージだけでなくホームのプレッシャーもある。今までの5倍くらいの注目の中で結果を出さないといけない。プレッシャーに耐えられる選手、能力が必要」

あえて「自国で4強」

その重圧にもかかわらず、リーチは4強を目指したいと言う。8強の経験もない日本には高望みでは? 「いや、8強を目指すための(日々の練習の)態度と4強のための態度は全然違う。先を考え、全部(の相手を)クリアするイメージを持ちたい」。大望は自信の裏返しでもある。

ニュージーランドから15歳で赤道を越え、札幌のすし屋に下宿した。東海大時代に日本代表に初めて選ばれ、W杯に2度出場。4年前に帰化した。来日14年目となり、日本的な気遣いも染みついている。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ラグビーコラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
南アフリカ戦の前半、倒れながら姫野(左)にパスを出すリーチ。パスの回数と正確性で日本は全チーム中、トップだった

 多彩な攻撃パターンからトライを奪える。多くのパスを正確に届けられる――。今回のワールドカップ(W杯)で初の8強に進んだラグビー日本代表の特長は、数字にも表れていた。
 データ会社STATS社と国際統括 …続き (11/15)

銀メダルを受け取り引き揚げるイングランドのエディー・ジョーンズ監督(右)。壇上から降りるとメダルを外し、ポケットにしまった

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)の決勝が2日に行われ、南アフリカがイングランドを32―12で破り、3度目の優勝を果たした。またもトロフィーを取り逃がすことになったのが、イングランドのエディー・ジョー …続き (11/4)

フィジーにある母の故郷で、親族らに囲まれるラグビー日本代表主将のリーチ(中央)=中尾悠希撮影


 「WELCOME HOME」。風に揺れる垂れ幕に触れ、ラグビー日本代表のリーチ・マイケル主将がほほ笑む。8月中旬、リーチはフィジーにある母の故郷を訪問。9月20日開幕のワールドカップ(W杯)日本大会 …続き (8/29)

ハイライト・スポーツ

[PR]