トップ > 特集 > 関西発 > 社会 > 記事

関西発

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「関西発」ニュースをツイッターでも配信しています

安藤忠雄氏、大阪・中之島に児童図書施設
市に寄付提案、家族層呼び込む

2017/9/19 12:30
共有
保存
印刷
その他

 建築家の安藤忠雄氏は19日、大阪市の吉村洋文市長に対し、同市北区中之島にある市有地に、自ら設計した児童向けの図書施設を建設し、市に寄付する構想を提案した。安藤氏は「子供が活字文化からどんどん離れる中、本当に物事を考えられるのかと思い、児童文学館ができないか考えた」と話し、早ければ2019年夏前に完成させたい考え。

模型を前に握手する(左から)安藤氏、吉村市長、山中教授(19日午前、大阪市北区)

 吉村市長は「大阪の子供たちは大阪の未来そのもの。市としてしっかり受け止めたい」と話し、目的を限定した施設の寄付を受けるには議会の同意が必要になるとして、開会中の市議会に関連議案の提出を検討する考えを示した。

 中之島周辺は、国の重要文化財に指定されコンサートホールを備えた大阪市中央公会堂や市立東洋陶磁美術館などが集まる。市側には施設が幅広いファミリー層を呼び込む名所となり、一帯が文化拠点として発展することを期待する声もある。

 安藤氏は同日午前、施設の趣旨に賛同する京都大の山中伸弥教授らとともに吉村市長と面会した。構想によると、施設は安藤氏が設計する「こども本の森 中之島(仮称)」で、市中之島公園事務所の敷地約1千平方メートルに建設を計画。鉄筋コンクリート造の3階建ての中央を吹き抜けにして壁一面に本棚を設置し、世界的な児童文学や絵本などを多数所蔵する。

 子供たちが自由に出入りして図書を楽しむとともに、世界的な建築家である安藤氏の意匠も体感できるよう無料で開放する。建設費や図書費などの初期費用は未定。

 安藤氏は「建築費や運営費は市民、企業から寄付を募る。(本の寄贈について)本屋さんや雑誌社とも話をしている」と構想を説明。山中教授も「斬新なデザインのわくわくする図書館に感銘を受けた。古里の大阪に少しでも貢献してきたい」と述べた。吉村市長は山中教授に名誉館長への就任を提案した。

 安藤氏は大阪市出身。大阪府・市の特別顧問を務め、街づくりにも積極的に関わってきた。04年には中之島を挟む堂島川と土佐堀川の川縁に桜の植樹運動「平成の通り抜け」を提唱、市民らの募金で3千本が植樹された。

関西発をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

安藤忠雄吉村洋文山中伸弥大阪市

【PR】

【PR】


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報